Language:
  • 日本語
  • English

葛原守「音楽史2」ノート

◆葛原守 「音楽史」ノート

葛原安子氏所蔵

「音楽史」と「音楽史2」

葛原守が昭和15年4月に東京音楽学校予科に入学し、翌年本科器楽部1年に進んだ。当時のカリキュラムでは、器楽部生徒は、音楽史を本科1年と2年で履修することになっている。

「音楽史2」が本科2年時のものであるとすれば、「音楽史」は本科1年時のものであろうか。音楽史の担当教員は、「音楽史2」に遠藤教授と記される通り、遠藤宏教授(1894-1963)であろう。教師名の書かれていない「音楽史」のほうは誰が教えていたのだろうか。大学史史料室に保管される「昭和十六年時間表」に遠藤宏の担当授業表がある。それによれば遠藤は、本科1年生と2年生、師範科1年生と2年生の音楽史を担当していたことがわかる。したがって「音楽史」のほうも遠藤教授だったのであろう。音楽史は週2回あった。当時、遠藤のほか、田辺尚雄講師(1883-1984)も音楽史を教えていたが、田辺の担当は邦楽科の1年生から3年生までであった。

ノートは見開きの両ページを使い分け、黒板を写し取ったものか楽器なども丁寧かつ鮮明に描かれている。昭和16年、17年当時の東京音楽学校における音楽史の講義概要を知る貴重な資料であるとともに、その几帳面で丁寧な書きぶりは、熱心に授業に臨んだ葛原の姿を彷彿とさせる。

Images

 各データは以下のライセンスでご利用頂けます。

by

演奏会、放送などでご利用の際にはクレジットを入れてお使いください。
(クレジット: 東京藝術大学 音楽学部大学史史料室)
また可能であれば、チラシや演奏会プログラム、音源などを一部ご提供いただけれは幸いです